SMBC日興証券とSMBCフレンド証券の統合でIPOはどうなる?

 

三井住友銀行の持株会社「三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)」のグループ会社でありながら、別々の証券会社として独立していたSMBC日興証券とSMBCフレンド証券が平成30年1月に統合される予定です。

「IPO」という視点で見ると、SMBC日興証券は主幹事実績も多く、かつ幹事案件も多いためIPO投資では必須の証券会社です。

また、SMBCフレンド証券も地味ながら年に数件、主幹事を務めることもある穴場証券会社でもあります。

この2社が合併することで、IPO事情に変化はあるのでしょうか?

スポンサード リンク

日興証券とフレンド証券の主幹事実績

まず、SMBC日興証券とSMBCフレンド証券の主幹事実績を確認すると以下の通りです。

日興証券の
主幹事案件数
フレンド証券の
主幹事案件数
2015年  27件 2件
2014年  9件 0件
2013年  9件 0件
2012年  4件 1件
2011年  4件 1件

単純計算ですが、統合後のSMBC日興証券は主幹事案件が年に1件くらいは増えるかも?という影響度合いです。

抽選倍率はさらに厳しくなる?

主幹事案件は年に1件程度は増えるかもしれませんが、一方で、IPOに申し込む口座数は増加するはずですので、今以上に抽選倍率は厳しくなることが予想されます。

なお「証券会社別の口座数一覧(穴場証券はどこ?)」に記載した通り、SMBC日興証券の口座数は260万口座を超えています。

*SMBCフレンド証券の口座数は調べても見つけられませんでしたが、顧客預かり資産は約4兆円で国内証券会社内ではTOP10に入る規模ですので、数十万口座はあるのではないかと予想します。

 

トータルで考えると、SMBC日興証券の魅力が少し下がる、というのが管理人の予想です。

関連記事:
証券会社別の口座数一覧(穴場証券はどこ?)
IPOで本当にオススメの証券会社
SMBC日興証券で100株を超える需要申告は無駄
SMBC日興証券の「補欠」は事実上の落選
IPO情報サイトの裏側 – オススメ証券会社に偏り有り

 - IPO引受証券会社

スポンサード リンク

  関連ページ

SBI証券
SBI証券で補欠当選から繰上当選した場合の表示

SBI証券で「補欠当選」から「繰上当選」した場合の表示・確認方法を実際の画面を元 …

オススメ
IPOで本当にオススメの証券会社

「IPO引受証券会社」でIPOの主幹事・幹事実績の多い証券会社をご紹介しています …

IPO(新規公開株)投資
IPO引受証券会社

IPO投資を行うには、当該IPO銘柄の引受を行う幹事証券会社に口座を保有している …

いちよし証券
いちよし証券はIPOの穴場

「いちよし証券」をご存知でしょうか? いわゆる中堅証券会社で、5大証券、準大手証 …

岡三オンライン証券
岡三オンライン証券のIPO抽選結果確認方法

岡三オンライン証券では、親会社の岡三証券が幹事を務めるIPO案件について委託を受 …

▲ページトップへ