岡三オンライン証券がIPOの取扱いを拡大!

 

岡三オンライン証券が2017年7月11日、IPO(新規公開株式)の取扱いを拡大すると発表しました。

リリースによると、岡三オンライン証券では新成長計画「ReBorn」の中でIPOの取扱い拡大が掲げられており、その成長計画に基づいた対応のようです。

ただ、具体的に何が「拡大」なのかリリースからだけでは分かりづらいのですが、純粋にリリースの文面のみから読み解くと
・名証(名古屋証券取引所)
・福証(福岡証券取引所)
・札証(札幌証券取引所)
へのIPO銘柄も取扱い可能になった事が今回の拡大になります。

具体的には「7月3日(月)に名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所の3市場への接続が完了し、国内全市場で新規公開株式(IPO)を含めたお取引サービスをご提供できる体制が整いました。」と記載があります。

出典:岡三オンライン証券のリリース「新規公開株式(IPO)の取扱い拡大について」(外部リンク・PDF)

恐らく、今後は
・セントレックス
・Qボード
・アンビシャス
へ上場するIPO銘柄も取り扱えるという意味かと考えられます。
(滅多にありませんが、名証、福証、札証の本則市場への単独上場銘柄も含む)

岡三オンライン証券は、需要申告から当選までに資金が一切不要で、当選してから入金すれば良い「申し込んだ者勝ち」の証券会社です。

今後にますます期待です。

関連記事:
岡三オンライン証券の入金タイミングには要注意
IPO投資で資金が必要なタイミングに注意

 - IPO引受証券会社

  関連ページ

IPO(新規公開株)投資
証券会社別の口座数一覧(穴場証券はどこ?)

IPO投資では、抽選配分でも最良配分でも「倍率」が肝です。 当たり前のことですが …

いちよし証券
いちよし証券の需要申告は電話で行う

IPOの穴場証券会社としてご紹介した「いちよし証券」ですが、この証券会社は特殊で …

SMBC日興証券
SMBC日興証券とSMBCフレンド証券の統合でIPOはどうなる?

三井住友銀行の持株会社「三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)」のグループ会 …

岡三オンライン証券
岡三オンライン証券の入金タイミングには要注意

「IPO投資で資金が必要なタイミングに注意」で記載した通り、岡三オンライン証券は …

いちよし証券
いちよし証券は入出金に振込手数料がお客様負担

中堅証券会社でIPOの引受も比較的多く、時には主幹事も務める「穴場」証券会社の「 …

▲ページトップへ