岡三オンライン証券の入金タイミングには要注意

 

IPO投資で資金が必要なタイミングに注意」で記載した通り、岡三オンライン証券は、
・需要申告を行う際は資金不要(資産0円でも可)
・抽選結果発表後に入金して購入申込みで間に合う
という証券会社です。

#2015年9月にルールが変更され、この仕組みになりました

従って、資金拘束を気にすることなく、とにかく「申し込んだ者勝ち」と言えますが、岡三オンライン証券では「入金締切日の15時まで」に必要金額が必要となります。

この「入金締切日」が「購入申込期間の最終日」とは異なる、点に注意が必要です。

スポンサード リンク

岡三オンライン証券の「入金締切日」とは?

岡三オンライン証券では、抽選で
・当選
・補欠当選
した場合、「入金締切日」までに、必要金額(発行価格 × 抽選申込株数)以上の買付余力が必要となります。

この「入金締切日」は、各IPO案件ごとにサイト上で明記されています。

例えば、2015年11月4日に新規上場した日本郵政(6178)では、下図の通り、
・抽選日:2015/10/26(月)
・入金締切日:2015/10/27(火)15時
・購入申込期間:2015/10/27(火)〜2015/10/29(木)15時
と記載されています。

岡三オンライン証券の入金締切日(日本郵政)

ご覧の通り、10/26(月)に抽選結果が発表されると、その翌日10/27(火)15時までに入金しておく必要があります。

「抽選発表の翌日15時まで」というタイトなスケジュールです。

なお、2015年12月15日にIPO予定のダブルスタンダード(3925)のIPOスケジュールは下図の通りですが、入金締切日が2015/12/08(月)となっていますが、2015/12/08は「火曜日」のため、実際には2015/12/07(月)の可能性があります。

この場合、やはり「抽選発表の翌日15時まで」のタイトなスケジュールです。

岡三オンライン証券:入金締切日(ダブルスタンダードの場合)

#ルール変更後のIPO事例が、郵政3社(日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行)とダブルスタンダードのみで、入金締切日が常に「抽選発表の翌日15時まで」というルールか否か判断が付きません。

入金締切日に買付余力が不足していると?

万一、入金締切日に買付余力が不足している場合、当選していても「購入申込み可能対象者」から除外され「落選」となります。

#補欠当選の場合も入金締切日に買付余力が不足していると、補欠での購入申込も出来なくなります。

以下の通り、明記されています。

当選または補欠当選された場合、入金締切日の15時までに、必要金額をご入金ください。現物買付可能額が満たない場合、当選または補欠当選された場合でも、「購入申込み可能対象者」から除外され、落選となりますのでご注意ください。

 

岡三オンライン証券で需要申告に参加する場合は、抽選後(または補欠当選後)、かなりタイトなスケジュールで購入資金が必要になりますのでご注意ください。

特に「購入申込期間内に入金すれば良い」と思い込まないようにご注意ください。

関連記事:
IPO投資で資金が必要なタイミングに注意
IPOで本当にオススメの証券会社
IPO引受証券会社
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - IPO引受証券会社

スポンサード リンク

  関連ページ

SBI証券
SBI証券で補欠当選から繰上当選した場合の表示

SBI証券で「補欠当選」から「繰上当選」した場合の表示・確認方法を実際の画面を元 …

オススメ
IPOで本当にオススメの証券会社

「IPO引受証券会社」でIPOの主幹事・幹事実績の多い証券会社をご紹介しています …

IPO(新規公開株)投資
IPO引受証券会社

IPO投資を行うには、当該IPO銘柄の引受を行う幹事証券会社に口座を保有している …

SBI証券
SBI証券でIPO当選/補欠当選の通知メールサービス開始!

SBI証券で2017年5月9日から「新規上場(IPO)公募増資・売出(PO)当選 …

IPO抽選の「落選」
証券会社で異なる「落選」の名称(IPO抽選結果)

IPOの抽選結果について、証券会社によって表現が異なります。 抽選に「外れた」こ …

▲ページトップへ