ダブルスタンダード(3925)の初値予想

 

12月15日、東証マザーズに新規上場予定のダブルスタンダード(3925)の初値予想です。

仮条件:2,030〜2,190円
公開価格:2,190円
初値予想:3,300円

公募より売出が多い「上場ゴール」疑惑のIPOです、、、

スポンサード リンク

関連記事:
ダブルスタンダード(3925)のIPO抽選結果
ダブルスタンダード(3925)の初値は公募価格の2.3倍(+128.8%)

初値予想の根拠

ダブルスタンダードの初値予想を3,300円とした根拠は以下の5点です。

1)人気のビッグデータ関連銘柄
2)ビッグデータの本命はIoTへ
3)東証マザーズのネット系も吸収金額は中規模
4)公募よりも売出が多いEXIT
5)売上が特定企業に偏っている(取引先3社で85%)

1)人気のビッグデータ関連銘柄

ダブルスタンダードは、ビッグデータ関連銘柄です。

連想される企業としては、
・ブレンインパッド(東証1部)
・ホットリンク(東証マザーズ)
・ALBERT(東証マザーズ)
・データセクション(東証マザーズ)
でしょうか。

「ビッグデータ」自体は注目のテーマでもあり、IPOでも人気化すると予想します。

2)ビッグデータのトレンドはIoTへ

上述の通り、ビッグデータは注目テーマではありますが、ビッグデータの最近のトレンドは「WEBマーケティング」から「IoT」へ移行しています。

ダブルスタンダードは、目論見書の中で「当社グループでは、WEB上情報(非著作物)、画像、PDF情報を月間億単位で取扱います。」と記載されている通り、WEB系(ネット系)データの「データクレンジング」がメインのようです。

正直、トレンドからは既に外れているという印象です。

上述の連想される企業
・ブレインパッド
・ホットリンク
・ALBERT
・データセクション
は全てネット系のビッグデータを核にしたサービス(レコメンドエンジン、DMP、ソーシャルなど)を提供していますが、業績は好調とは言えません。

企業名 今期予想
売上
今期予想
営業利益
今期予想
経常利益
予想PER
ブレインパッド 30億 5,000万 4,000万 674.71倍
ホットリンク # 24億900万 -3,100万 -1億2,400万 N/A倍
ALBERT # 9億4,000万 -8,500万 -9,500万 N/A倍
データセクション 4億〜9億 1,700万〜
4億100万円
3,000万〜
4億1,400万
26.47倍〜
432.42倍

#ホットリンクは、11/11に下方修正(黒字予想から赤字予想へ)
#Albertは、10/29に下方修正(黒字予想から赤字予想へ)
#PERは2015年11月27日の終値ベース

利益率の高いデータセクションですが、売上が4億円〜9億円、経常利益も3,000万〜4億1,400万円という幅のある予想が「第2四半期決算」でも未だに示されたままで非常に不安定です。

一方、今年IPOしたIoT銘柄の「ジグソー」の業績予想は以下の通りです。

企業名 今期予想
売上
今期予想
営業利益
今期予想
経常利益
予想PER
ジグソー 6億8,800万 1億5,300万 1億4,400万 456.69倍

ビッグデータとIoTは似た文脈で語られることも多くありますが、マーケティング支援サービスとしてのビッグデータ企業の業績は低調で、IoTが今のトレンドです。

3)東証マザーズのネット系も吸収金額は中規模

東証マザーズ上場のネット系(それもビッグデータ)ですが、吸収金額は約15億円と中規模です。

仮条件の上限である2,190円で計算した場合、オーバーアロットメント分も含め、吸収金額は15.4億円で時価総額は63.8億円となります。

東証マザーズ上場としては中規模と言えます。(若干大きい印象です)

かつ、主幹事がSBI証券でもあり、初値売りに動く投資家が多くなることも懸念の一つです。

4)公募よりも売出が多いEXIT

ダブルスタンダードのIPOは、公募よりも売出の方が多くなっています。

・公募株数:200,000株
・売出株数:475,000株

吸収金額は15.4億円と記載しましたが、ダブルスタンダードに入る資金は4.4億円です。
#厳密には証券会社へ支払う手数料等で4.4億円未満となります

既存株主からの売却である「売出」の内訳は
・中島氏(取締役ファウンダー):325,000株
・本田氏(社外取締役):150,000株
となります。

創業者と創業直後をサポートした社外取締役のEXITです。
(中島氏が71.72%、本田氏が12.16%を保有する大株主です)

なお、この2名は共に180日のロックアップがかかっており、株価解除条項は存在しません。

5)売上が特定企業に偏っている(取引先3社で85%)

売上が特定企業に「過度に」偏っています。

ダブルスタンダードの売上先が特定企業に偏っている

ダブルスタンダードの売上は、
・第2期は、リクルート、システムソフトの2社で売上の71.7%
・第3期は、リクルート、大和リビング、システムソフトの3社で売上の81.7%
・第4期の第2四半期は、リクルート、大和リビング、ネクストの3社で売上の84.8%
を占めており、特定企業に偏り過ぎています。

正直、これで上場が承認されたのには驚きです。

リクルートホールディングスにでもバイアウトした方が無難だったのでは、、、と思えてなりません。

初値予想のまとめ

・東証マザーズ
・ネット系(ビッグデータ)
・吸収金額15億円の中規模
・PLは右肩上がり
・最近のIPOは初値が絶好調
という点を考えると、初値が1.5倍は超えると考え、仮条件の上限2,190円の約1.5倍の3,300円を初値予想としました。

#最近のIPO実績を考慮すると4,000円を超える可能性もあり得るのではないかと考えています
#11月にSBI証券が主幹事で新規上場したあんしん保証の初値は+292.5%でした

IPOの抽選には絶対参加ですが、個人的には企業として魅力を感じませんし、セカンダリー投資で入る予定は一切ありません。(仮に初値が低かったり上場後に株価が下がってきても、取引先たった3社で売上の84.8%を占める状態では今後の業績が不安なため怖くて入れません

#セカンダリー投資については「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

関連記事:
ダブルスタンダード(3925)の初値は公募価格の2.3倍
ダブルスタンダード(3925)のIPO抽選結果
IPO初値予想
IPOで本当にオススメの証券会社
IPO情報サイトの「抽選配分数」予想はハズレが多い
2つのIPO配分方法 – 裁量配分と抽選配分
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - 初値予想

スポンサード リンク

  関連ページ

パートナーエージェントのIPO
パートナーエージェント(6181)の初値予想

10月27日に新規上場予定のパートナーエージェント(6181)の初値予想です。 …

インベスターズクラウド
インベスターズクラウド(1435)の初値予想

12月3日に新規上場予定のインベスターズクラウド(1435)の初値予想です。 仮 …

マイネット
マイネット(3928)の初値予想

12月21日、東証マザーズに新規上場予定のマイネット(3928)の初値予想です。 …

ネオジャパン(3921)
ネオジャパン(3921)の初値予想

11月27日に新規上場予定のネオジャパン(3921)の初値予想です。 想定価格: …

ソーシャルワイヤー
ソーシャルワイヤー(3929)の初値予想

12月24日、東証マザーズに新規上場予定のソーシャルワイヤー(3929)の初値予 …

▲ページトップへ