バリューデザイン(3960)の初値は公募価格の2.1倍(+111.5%)

 

9月26日、東証マザーズに新規上場したバリューデザイン(3960)の初値は、公募価格2,040円の2.1倍の4,315円(+111.5%)となりました。

管理人はSMBC日興証券で100株当選していたため、初値売りで227,500円の利益でした。

スポンサード リンク

関連記事:バリューデザイン(3960)の抽選結果 – SMBC日興証券で当選

バリューデザインのIPO初日株価

初値は公開価格の2,040円から+111.5%の4,315円でした。

・初値:4,315円(+111.5%
・高値:4,420円
・安値:3,860円
・終値:3,900円(+91.2%

#括弧内は公開価格からの騰落率

初値予想では4,700円程度の予想も多かったため、少し物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、公募組みにとっては文句なしの株価と考えます。

主幹事のSMBC日興証券で100株当選していましたので、初値売りで22.8万円の利益でした。

なお、NISA口座で購入したため非課税となり、本来なら必要な税金20.315%( 所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%)分の46,217円も丸儲けです。

関連記事:IPOでNISAを活用するのが節税効果抜群

また、即金規制によって、翌日上場の
・チェンジ(3962)
・シルバーエッグ・テクノロジー(3961)
と事実上の同時上場は回避されました。

初値買いした場合の投資結果(セカンダリー投資)

バリューデザインを初値買いした場合の投資結果です。

・初値:4,315円
・高値:4,420円(+2.4%)
・終値:3,900円(-9.6%)

#括弧内は初値からの騰落率

▼バリューデザイン(3960)の初値が付いた日の株価チャート
(by Yahoo Finance)

バリューデザインのIPO初日の株価チャート

初値買いの場合は損切りしか術がありませんでしたが、大引け前に4,200円に近づく場面もあったため、様子見後に参戦していれば利益を出せたと考えられます。

初値形成時の寄付き以外でも、出来高もそこそこありました。

見やすくするため、分単位の株価と出来高の動きをグラフ化しました。

バリューデザインのIPO初日の株価と出来高の推移

初値が付いた13:29については除外しています。(出来高が突出してしまい、寄付き後の出来高を確認するのには邪魔なため)

明日以降、今週は
・チェンジ(3962)
・シルバーエッグ・テクノロジー(3961)
・シンクロ・フード(3963)
・G-FACTORY(3474)
注目のIPOが続くため、資金がバリューデザインに向かってくるかがポイントになりそうです。

もし、バリューデザインに資金が向かわない場合、SBI証券や松井証券の空売りを利用して利益を狙うのも一手かもしれません。詳しくは「IPO銘柄も空売り可能!セカンダリー投資は買いも売りも」をご覧ください。

関連記事:
バリューデザイン(3960)の抽選結果 – SMBC日興証券で当選
IPOの即金規制とは?
IPOで本当にオススメの証券会社
NISAなら20万円節約可能だったIPO(ネオジャパン)
管理人のIPO投資成績

 - IPO初値結果

スポンサード リンク

  関連ページ

ネオジャパン(3921)
ネオジャパン(3921)の初値は+401.7%(約5倍)

11月27日、東証マザーズに新規上場したネオジャパン(3921)の初値は、公募価 …

オープンドア
オープンドア(3926)の初値は公募価格の1.2倍

12月17日、東証マザーズに新規上場したオープンドア(3926)の初値は、公募価 …

フリュー(6238)の初値は公募価格の+0.6%

12月18日、東証1部に新規上場したフリュー(6238)の初値は、公募価格3,2 …

ゆうちょ銀行IPO
ゆうちょ銀行(7182)の初値は+15.9%

11月4日、東証一部に新規上場したゆうちょ銀行(7182)の初値は、公募価格の+ …

鎌倉新書
鎌倉新書(6184)は上場初日をカイ気配で初値付かず

12月4日、東証マザーズに新規上場した鎌倉新書(6184)はカイ気配で初値付かず …

▲ページトップへ