ツバキ・ナカシマ(6464)の初値は公募価格の+4.5%

 

12月16日、東証1部に新規上場したツバキ・ナカシマ(6464)の初値は、公募価格1,550円から+4.5%の1,620円となりました。

仮条件1,500〜1,650円の中で公募価格が1,550円に決定し、かつ、直近で日経平均が大きく下落していたこともあり、公募割れも想定されましたが、後述の通り終値も公募価格を上回りました。

関連記事:ツバキ・ナカシマ(6464)の初値予想

スポンサード リンク

ツバキ・ナカシマのIPO初日株価

初値は公開価格の1,550円から+4.5%の1,620円でした。

・初値:1,620円(+4.5%
・高値:1,681円
・安値:1,593円
・終値:1,595円(+2.9%

#括弧内は公開価格からの騰落率

初値買いした場合の投資結果(セカンダリー投資)

ツバキ・ナカシマを初値買いした場合の投資結果です。

・初値:1,620円
・高値:1,681円(+3.8%)
・終値:1,595円(-1.5%)

#括弧内は初値からの騰落率

▼ツバキ・ナカシマ(6464)のIPO初日の株価チャート
(by Yahoo Finance)

ツバキ・ナカシマの上場初日の株価チャート

前評判は悪かったものの、初値買いしていても+2.5〜3.0%程度の利ざやを取るチャンスはありましたので、悪くない展開だったと思います。(最近のIPOは「掴んだら逃げ場なし」の状況も多く、、、)

主幹事である野村證券の底力でしょうか。

#セカンダリー投資については「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

なお、上場初日の出来高は11,551,400株でしたが、IPOで配った株数の約57%に当たります。機関投資家への配分が多かったのか、野村證券が裁量配分で分配した個人投資家が長期保有型の株主が多かったのか、前日のダブルスタンダードとは大分異なる結果です。

関連記事:
ツバキ・ナカシマ(6464)の初値予想
ツバキ・ナカシマ(6464)のIPO抽選結果
ダブルスタンダード(3925)の初値は公募価格の2.3倍
IPOで本当にオススメの証券会社
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - IPO初値結果

スポンサード リンク

  関連ページ

株式会社ロゼッタ
ロゼッタ(6182)は上場後2日連続の買い気配で初値付かず

11月19日、東証マザーズに新規上場したロゼッタ(6182)は、上場初日19日( …

ベルシステム24ホールディングス
ベルシステム24ホールディングス(6183)の初値は-5.0%で公募割れ

11月20日、東証1部に新規上場したベルシステム24ホールディングス(6183) …

マリモ地方創生リート投資法人(3470)
マリモ地方創生リート投資法人(3470)の初値は-3.8%(公募割れ)

7月29日、東証に新規上場したマリモ地方創生リート投資法人(3470)の初値は、 …

ランドコンピュータ
ランドコンピュータ(3924)の初値は公募価格の2倍(+103.4%)

12月11日、東証2部に新規上場したランドコンピュータ(3924)の初値は、公募 …

株式会社ロゼッタ
ロゼッタ(6182)の初値は+433.1%(約5.3倍)

11月19日、東証マザーズに新規上場したロゼッタ(6182)の初値は、公募価格の …

▲ページトップへ