JR九州(9142)の初値は公募価格の1.2倍(+19.2%)

 

10月25日、東証一部に新規上場した九州旅客鉄道(9142)の初値は、公募価格2,600円の1.2倍の3,100円(+19.2%)となりました。

管理人は主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券とSMBC日興証券でそれぞれ100株(合計200株)当選していたため、初値売りで100,000円の利益でした。

スポンサード リンク

関連記事:JR九州(9142)の抽選結果 – 当選2枚、補欠当選3枚

JR九州のIPO初日株価

初値は公開価格の2,600円から+19.2%の3,100円でした。

・初値:3,100円(+19.2%
・高値:円
・安値:円
・終値:円()

#括弧内は公開価格からの騰落率

事前の初値予想では、2,700円〜3,000円が多く、米国でのIPO前に相対で取引されるグレーマーケットでは2,850円程度と報道もされていましたので、初値で3,100円というのは、事前予想よりも高値に落ち着いたという印象です。

初値の考察

JR九州のIPOは買い?過去の民営化IPOの結果振り返り」で記載しましたが、過去に政府保有株を売却したIPOは、11件中10件で初値が公募価格を上回っており、11銘柄の初値高騰率の単純平均は+17.8%でした。

JR九州の初値高騰率は19.2%でしたので、過去の政府保有株売却IPOの平均騰落率とほぼ同値でした。(公募価格2,600円の+17.8%は3,063円)

政府保有株式を売却した民営化IPOの初値高騰率については、過去の実績が参考になった、または「参考にされた」のかもしれません。

 

初値売りなら、1枚(100株)当たり5万円の利益でしたので「JR九州の補欠当選×3は全て繰上当選ならず」に記載した通り、補欠当選だった
・野村證券
・大和証券
・みずほ証券
で1件だけでも繰り上げ当選が欲しかった・・・というのが本音です。

関連記事:
JR九州(9142)の抽選結果 – 当選2枚、補欠当選3枚
JR九州の補欠当選×3は全て繰上当選ならず
九州旅客鉄道(9142)の初値予想
JR九州のIPOは買い?過去の民営化IPOの結果振り返り
管理人のIPO投資成績

 - IPO初値結果

スポンサード リンク

  関連ページ

ゆうちょ銀行IPO
ゆうちょ銀行(7182)の初値は+15.9%

11月4日、東証一部に新規上場したゆうちょ銀行(7182)の初値は、公募価格の+ …

ソネット・メディア・ネットワークス
ソネット・メディア・ネットワークス(6185)はカイ気配で初値付かず(即金規制へ)

12月22日、東証マザーズに新規上場したソネット・メディア・ネットワークス(61 …

ツバキ・ナカシマ
ツバキ・ナカシマ(6464)の初値は公募価格の+4.5%

12月16日、東証1部に新規上場したツバキ・ナカシマ(6464)の初値は、公募価 …

プロパティエージェント
プロパティエージェント(3464)の初値は公募価格の2.2倍(+115.0%)

12月22日、JASDAQスタンダードに新規上場したプロパティエージェント(34 …

LINEのIPO
LINE(3938)の初値は公募価格の1.5倍(+48.5%)

7月15日、東証1部に新規上場したLINE(3938)の初値は、公募価格3,30 …

▲ページトップへ