ゆうちょ銀行(7182)の初値は+15.9%

 

11月4日、東証一部に新規上場したゆうちょ銀行(7182)の初値は、公募価格の+15.9%となりました。

日本郵政(6178)と共に吸収金額の多さを考えると、初値で+15.9%であれば大成功と言えます。

スポンサード リンク

日本郵政(6178)の初値結果かんぽ生命保険(7181)の初値結果はこちら

ゆうちょ銀行のIPO初日株価

初値は公開価格(1,450円)から+15.9%の1,680円となりました。

・初値:1,680円(+15.9%
・高値:1,693円
・安値:1,635円
・終値:1,671円(+15.2%

#括弧内は公開価格からの騰落率

もちろん地合いが良かったものの、国策IPOの力は非常に強かった、というのが感想です。

管理人のゆうちょ銀行の初値予想は1,500円でしたので惜しいと言えば惜しい範囲での外れです。

初値買いした場合の投資結果(セカンダリー投資)

ゆうちょ銀行を初値買いした場合の投資結果です。

・初値:1,680円
・高値:1,693円(+0.8%)
・終値:1,671円(-0.5%)

#括弧内は初値からの騰落率

▼ゆうちょ銀行(7182)のIPO初日の株価チャート
(by Yahoo Finance)

ゆうちょ銀行のIPO初日株価チャート

日本郵政、かんぽ生命保険に比べ、セカンダリーには苦戦したかと思います。

初値を付けた後に一気に下がった後、一瞬で反発し、その後はほぼ横這いです。

ただし、出来高は1.27億株、売買代金2,114億円と非常に大きかったので、この株価水準を保てれば十分だったかと思います。

#初値買いについては「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

 

ゆうちょ銀行の初値予想で「PERベースでは割高」と記載しましたが、金融株として流石にPER20倍は超えない水準に落ち着いたようです。

あくまでも株価の1指標でしかありませんが、PERベースではこれ以上の株価上昇は難しいのではないかと予想します。

郵政上場の関連記事:
ゆうちょ銀行(7182)の初値予想
日本郵政(6178)の初値は+16.5%
かんぽ生命保険(7181)の初値は+33.1% – 終値はストップ高
郵政3社の抽選倍率 – エイチ・エス証券公表

関連記事:
初値予想の参考サイト一覧
IPO引受証券会社
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - IPO初値結果

スポンサード リンク

  関連ページ

プロパティエージェント
プロパティエージェント(3464)の初値は公募価格の2.2倍(+115.0%)

12月22日、JASDAQスタンダードに新規上場したプロパティエージェント(34 …

ダブルスタンダード
ダブルスタンダード(3925)の初値は公募価格の2.3倍(+128.8%)

12月15日、東証マザーズに新規上場したダブルスタンダード(3925)の初値は、 …

バリューデザイン
バリューデザイン(3960)の初値は公募価格の2.1倍(+111.5%)

9月26日、東証マザーズに新規上場したバリューデザイン(3960)の初値は、公募 …

バルニバービ
バルニバービ(3418)の初値は公募価格の2.3倍!

10月28日、東証マザーズに新規上場したバルニバービ(3418)の初値は、公募価 …

ランドコンピュータ
ランドコンピュータ(3924)の初値は公募価格の2倍(+103.4%)

12月11日、東証2部に新規上場したランドコンピュータ(3924)の初値は、公募 …

▲ページトップへ