いちごホテルリート投資法人(3463)の初値は公募割れ-1.8%

 

11月30日、東証に新規上場(REIT)したいちごホテルリート投資法人(3463)の初値は、公募価格を下回る-1.8%で公募割れとなりました。

ただし、後述の通り、終値では公募価格の+3.0%に落ち着いています。

#参考:いちごホテルリート投資法人(3463)の初値予想

いちごホテルリート投資法人のIPO基本情報

いちごホテルリート投資法人のIPO基本情報は以下の通りです。

・上場市場:東証(REIT)
・主幹事証券:SMBC日興証券
・公募価格:106,000円
・吸収金額:143億円

いちごホテルリート投資法人のIPO初日株価

初値は公開価格から-1.8%の公募割れでした。

・初値:104,100円(-1.8%
・高値:112,000円
・安値:103,800円
・終値:109,200円(+3.0%

#括弧内は公開価格からの騰落率

いちごホテルリート投資法人(3463)の初値予想」に記載した通り、直近のREITのIPOは連敗中でしたが、これで3連敗です。

銘柄名 上場日 公開価格 初値 騰落率
いちごホテルリート 2015/11/30 106,000円 104,100円 -1.8%
ジャパン・シニアリビング 2015/07/29 190,000円 170,000円 -10.5%
サムティ・レジデンシャル 2015/06/30 102,000円 99,000円 -2.9%

 

初値買いした場合の投資結果(セカンダリー投資)

いちごホテルリート投資法人を初値買いした場合の投資結果です。

・初値:104,100円
・高値:112,000円(+7.6%)
・終値:109,200円(+4.9%)

#括弧内は初値からの騰落率

▼いちごホテルリート投資法人(3463)の初値が付いた日の株価チャート
(by Yahoo Finance)

いちごホテルリート投資法人のIPO初日の株価チャート

公募割れの初値で拾っていれば焦らなくても5%程度の利益は出せた結果です。

#初値買いについては「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

前営業日に新規上場したネオジャパンが+401.7%で1単元で100万円の利益だったのに比べると、やはり低調でした。

関連記事:
いちごホテルリート投資法人(3463)の初値予想
IPO初値予想
IPOで本当にオススメの証券会社
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - IPO初値結果

スポンサード リンク

  関連ページ

ゆうちょ銀行IPO
ゆうちょ銀行(7182)の初値は+15.9%

11月4日、東証一部に新規上場したゆうちょ銀行(7182)の初値は、公募価格の+ …

マイネット
マイネット(3928)の初値は公募価格の1.2倍(+19.3%)

12月21日、東証マザーズに新規上場したマイネット(3928)の初値は、公募価格 …

インベスターズクラウド
インベスターズクラウド(1435)の初値は+93.3%(1.9倍)

12月3日、東証マザーズに新規上場したインベスターズクラウド(1435)の初値は …

プロパティエージェント
プロパティエージェント(3464)の初値は公募価格の2.2倍(+115.0%)

12月22日、JASDAQスタンダードに新規上場したプロパティエージェント(34 …

LINEのIPO
LINE(3938)の初値は公募価格の1.5倍(+48.5%)

7月15日、東証1部に新規上場したLINE(3938)の初値は、公募価格3,30 …

▲ページトップへ