グリーンペプタイド(4594)は公募割れ

 

10月22日、東証マザーズに新規上場したグリーンペプタイド(4594)の初値は残念ながら公募割れ(-8.0%)となりました。

グリーンペプタイドのIPO基本情報

グリーンペプタイドのIPO基本情報は以下の通りです。

・上場市場:東証マザーズ
・主幹事証券:みずほ証券
・公募価格:450円
・吸収金額:64.9億円
・時価総額:143億円

グリーンペプタイドのIPO初日株価

初値は公開価格から-8.0%となり、公募割れです。

・初値:414円(-8.0%
・高値:474円
・安値:385円
・終値:416円(-7.6%)

#括弧内は公開価格からの騰落率

SBI証券で無料で閲覧可能な大手投資情報サービス企業提供のレポートでは「初値メド:450〜500円」でした。
#参考:初値予想の参考サイト一覧

スポンサード リンク

初値買いした場合の投資結果(セカンダリー投資)

グリーンペプタイドを初値買いした場合の投資結果です。

・初値:414円
・高値:474円(+14.5%)
・終値:416円(+0.5%)

#括弧内は初値からの騰落率

上手く売り抜けていれば10%超の利鞘を稼げましたが、終値ベースでは+0.5%にとどまりました。

▼グリーンペプタイド(4594)の上場初日の株価チャート
(by Yahoo Finance)

グリーンペプタイド(4594)の上場初日の株価チャート

初値買いしていた場合、欲張らなければ、430〜440円での利益確定は可能だったと考えられます。

なお、今日は米国のヘルスケア株安の流れなどから医薬品が業種別下落率のトップでしたので、結果的に地合いは悪かったと言えます。

#初値買いについては「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

 

郵政上場の直前に公募割れを出してしまう主幹事のみずほ証券、、、

#主幹事はみずほ証券、副幹事はいちよし証券、SBI証券、エース証券、マネックス証券、香川証券、東海東京証券、藍澤証券でした。

関連記事:
初値予想の参考サイト一覧
IPO引受証券会社
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - IPO初値結果

スポンサード リンク

  関連ページ

ソネット・メディア・ネットワークス
ソネット・メディア・ネットワークス(6185)はカイ気配で初値付かず(即金規制へ)

12月22日、東証マザーズに新規上場したソネット・メディア・ネットワークス(61 …

ベイカレント・コンサルティング
ベイカレント・コンサルティング(6532)の初値は-6.5%(公募割れ)

9月2日、東証マザーズに新規上場したベイカレント・コンサルティング(6532)の …

パートナーエージェントのIPO
パートナーエージェント(6181)の初値は公募価格の3.2倍!

10月27日、東証マザーズに新規上場したパートナーエージェント(6181)の初値 …

ダブルスタンダード
ダブルスタンダード(3925)の初値は公募価格の2.3倍(+128.8%)

12月15日、東証マザーズに新規上場したダブルスタンダード(3925)の初値は、 …

アークン(Ahkun)
アークン(3927)の初値は公募価格の3.6倍(+262.1%)

12月18日、東証マザーズに新規上場したアークン(3927)の初値は、公募価格1 …

▲ページトップへ