GMOメディア(6180)の初値は公募価格の2倍!

 

10月23日、東証マザーズに新規上場したGMOメディア(6180)の初値は、公募価格の2倍(+101.1%)となりました。

上場日の23日(金)には初値が付かず、週明け26日(月)に+101.1%で初値形成です。

GMOメディアのIPO基本情報

GMOメディアのIPO基本情報は以下の通りです。

・上場市場:東証マザーズ
・主幹事証券:大和証券
・公募価格:2,740円
・吸収金額:14.7億円
・時価総額:51.2億円

GMOメディアのIPO初日株価

初値は公開価格から+101.1%となり、非常に高い運用パフォーマンスです。

・初値:5,510円(+101.1%
・高値:6,510円(S高に張り付き)
・安値:5,510円
・終値:6,510円(+137.6%

#括弧内は公開価格からの騰落率

上場した10月23日も初値がついた10月26日も日経平均が大きく上げており、地合いも非常に良好で恵まれたIPO環境でした。

SBI証券で無料で閲覧可能な大手投資情報サービス企業提供のレポートでは「初値メド:4,000-4,500円」でした。
#参考:初値予想の参考サイト一覧

スポンサード リンク

初値買いした場合の投資結果(セカンダリー投資)

GMOメディアを初値買いした場合の投資結果です。

・初値:5,510円
・高値:6,510円(+18.1%)
・終値:6,510円(+18.1%)

#括弧内は初値からの騰落率

初値をつけた後、ストップ高(S高)で6,510円に張り付いており、高値も終値も気配値であり実際に売却可能だった株価ではありません。

■追記@2015/10/28

初値が付いた後も株価は上がり続け、10月28日の終値で7,150円でした。(高値では8,000円を超えています)

5,510円で初値買いしていれば、タイミングを見計らわずとも欲張らずとも7,000円(+27.0%)での売却は可能でしたので、セカンダリー投資は大成功と言えます。

▼GMOメディア(6180)の株価チャート
(by Yahoo Finance)

GMOメディアの株価チャート

#初値買いについては「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

 

地合いにも恵まれたものの、IPO投資としては抜群の結果でした。

公募価格も2,740円とそこそこの株価で設定されていたため、2倍となった際の利ざや(キャピタルゲイン)も30万円近くなり、パフォーマンス抜群です。

前日にIPOしたグリーンペブタイドが公募割れしたのとは大違いで、11月4日に控えた郵政上場に向けて弾みがついた格好です。

#主幹事は大和証券、副幹事はSMBC日興証券、野村証券、みずほ証券、いちよし証券、岩井コスモ証券でした。

関連記事:
初値予想の参考サイト一覧
IPO引受証券会社
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - IPO初値結果

スポンサード リンク

  関連ページ

株式会社ロゼッタ
ロゼッタ(6182)の初値は+433.1%(約5.3倍)

11月19日、東証マザーズに新規上場したロゼッタ(6182)の初値は、公募価格の …

大江戸温泉リート投資法人
大江戸温泉リート投資法人(3472)の初値は-4.1%(公募割れ)

8月31日、東証に新規上場した大江戸温泉リート投資法人(3472)の初値は、公募 …

ミズホメディー
ミズホメディー(4595)はカイ気配で初値付かず(即金規制へ)

12月17日、JASDAQスタンダードに新規上場したミズホメディー(4595)は …

パートナーエージェントのIPO
パートナーエージェント(6181)の初値は公募価格の3.2倍!

10月27日、東証マザーズに新規上場したパートナーエージェント(6181)の初値 …

いちごホテルリート投資法人
いちごホテルリート投資法人(3463)の初値は公募割れ-1.8%

11月30日、東証に新規上場(REIT)したいちごホテルリート投資法人(3463 …

▲ページトップへ