フリュー(6238)の初値は公募価格の+0.6%

 

12月18日、東証1部に新規上場したフリュー(6238)の初値は、公募価格3,200円の+0.6%にあたる3,220円となりました。

「公募割れしなかっただけ」で、後述の通りセカンダリーも総崩れとなり、誰も得しなかったIPOとなりそうです。

なお、18日の「寄り付き後値下がり率」で東証1部のトップを獲得してしまい、東証1部へ直接上場のIPOとは思えぬ冴えなさでした。

関連記事:フリュー(6238)の初値予想
関連記事:フリュー(6238)のIPO抽選結果(野村證券で当選)

なお、SBI証券で無料で閲覧可能な大手投資情報サービス企業提供のレポートでは「初値メド:3,850-4,000円」でした。
#参考:初値予想の参考サイト一覧

スポンサード リンク

フリューのIPO初日株価

初値は公開価格の3,200円から+0.6%の3,220円でした。

・初値:3,220円(+0.6%
・高値:3,320円
・安値:2,950円
・終値:2,972円(-7.1%

#括弧内は公開価格からの騰落率

一瞬で寄り付きました。

初値買いした場合の投資結果(セカンダリー投資)

フリューを初値買いした場合の投資結果です。

・初値:3,200円
・高値:3,320円(+3.1%)
・終値:2,972円(-7.7%)

#括弧内は初値からの騰落率

▼フリュー(6238)のIPO初日の株価チャート
(by Yahoo Finance)

フリューのIPO初日の株価チャート

フリューのセカンダリーは散々です。

特徴的だったのは売りの少なさです。

初値形成時の出来高は313,000株で、これはIPOで配分した1,683,600株の僅か18.6%分です。

また当日の出来高は1,496,300株でしたが、これもIPOで配分した株式数に届いておらず、公募組みと言われる、IPOで株を取得した株主が売りに回っていないことが伺えます。

長期保有志向の株主が多いのか、単に公募価格すれすれの株価を嫌ったのか、週明け以降の動きが気になります。

なお、管理人が野村證券から当選した100株は、少し粘った末、諦めて3,220円で売却しましたが、その後、セカンダリーで入って散々な目にあいました。

#セカンダリー投資については「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

同日上場のアークンはカイ気配で終えて即金規制となり、同じく同日上場のアートグリーンは公募価格の1.5倍となりました。

関連記事:
フリュー(6238)のIPO抽選結果(野村證券で当選)
フリュー(6238)の初値予想
IPOの即金規制とは?
IPOで本当にオススメの証券会社
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - IPO初値結果

スポンサード リンク

  関連ページ

マイネット
マイネット(3928)の初値は公募価格の1.2倍(+19.3%)

12月21日、東証マザーズに新規上場したマイネット(3928)の初値は、公募価格 …

株式会社ロゼッタ
ロゼッタ(6182)の初値は+433.1%(約5.3倍)

11月19日、東証マザーズに新規上場したロゼッタ(6182)の初値は、公募価格の …

グリーンペプタイド
グリーンペプタイド(4594)は公募割れ

10月22日、東証マザーズに新規上場したグリーンペプタイド(4594)の初値は残 …

ダブルスタンダード
ダブルスタンダード(3925)の初値は公募価格の2.3倍(+128.8%)

12月15日、東証マザーズに新規上場したダブルスタンダード(3925)の初値は、 …

WASHハウス
WASHハウス(6537)の初値は公募価格の1.4倍(+40.9%)

11月22日、東証マザーズに新規上場したWASHハウス(6537)の初値は、公募 …

▲ページトップへ