フィスコの株主優待で「フィスコIPOナビ」を無料購読!

 

投資情報を提供するフィスコ(FISCO)をご存知の方は多いと思いますが、フィスコが東証JASDAQグロースに上場している事をご存知でしょうか?

そしてフィスコの株主優待をご存知でしょうか?

フィスコが提供する株主優待は、フィスコが有料で提供している投資情報「フィスコIPOナビ(リミテッド)」の無料クーポンです。

フィスコIPOナビ(リミテッド)とは?

フィスコの株主優待で無料閲覧可能となる「フィスコIPOナビ(リミテッド)」は、IPO銘柄分析や初値予想などの投資情報提供サービスです。

フィスコによると以下のように紹介されています。

IPO情報の業界標準として、これからIPO投資をはじめる方からベテラン、証券会社まで、培ったノウハウと独自の情報網を使い、IPO投資に必要な情報を求める投資家に、本当に必要な情報を提供します。

フィスコIPOナビ(リミテッド)に含まれるレポートは、
銘柄紹介
ブック考察(銘柄考察)
初値予想
初値分析
ウィークリーレポート
です。

*各リンクはフィスコが提供しているレポートサンプル(PDF)です。

そして、この「フィスコIPOナビ(リミテッド)」の購読料金は
・月払い:6,480円(税込)
・年払い:64,800円(税込)
です。

フィスコIPOナビの詳細はこちら(外部サイト:フィスコ)をご覧ください。

スポンサード リンク

なお、フィスコIPOナビには種類があり、リミテッドではなく「スタンダード」の場合は上記以外に
・ストラテジー
・ブック報告
・公募コメント
の3レポートが提供されます。

この3つのレポートには「初値投資」(セカンダリー)について「投資スタンス」が示されており、セカンダリー投資の目安になります。

従って、リミテッドはセカンダリーを狙わず、
・IPO銘柄に需要申告するか否かを決める
・IPO銘柄を公募で入手した際の売却方針を決める
ために利用可能なレポートとなります。

#セカンダリー投資については「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

フィスコの株主優待の取得方法

フィスコは東証JASDAQグロースに上場しており、銘柄コードは3807です。

2016年9月2日の終値で281円、単元株数は100株です。

フィスコの株主優待であるIPOナビの無料クーポンの「月数」が、以下の通り保有株数に応じて変わります。

*フィスコの株主優待は年2回で12月末、6月末が権利確定月となります。

100株以上 1ヶ月 (6,480円相当)
2,500株以上 3ヶ月 (19,440円相当)
5,000株以上 6ヶ月 (38,880円相当)

 

株価281円で計算すると
・28,100円で1ヶ月分
・702,500円で3ヶ月分
・1,405,000円で6ヶ月分
の無料クーポンを取得できます。

流石に5,000株、140万円投資して一年中IPOナビを無料で閲覧可能にする、と言うのはハードルが高いですが、まずは28,100円で1ヶ月分の無料クーポンを年2回取得する、と言う株主優待投資はいかがでしょうか?

*なお、フィスコIPOナビの月払い購読料6,480円/月で計算した場合、フィスコの株主優待の「優待利回り」は100株で年利46.1%、2,500株/5,000株で年利5.5%となります。

フィスコの株主優待の注意点

フィスコの株主優待には注意点があります。

具体的にはフィスコが直近で赤字のため今後の業績次第で「株主優待の内容変更・廃止のリスク」があります。

2015年12月期(連結)は
・営業利益:-5.5億円
・経常利益:-9.5億円
という大赤字です。(売上高は102億円)

*2016年12月期の会社予想では、営業利益4.1億円、経常利益3.5億円の黒字計画です

 

単元株数の100株を3万円程度で購入すると、年2回、フィスコIPOナビ(リミテッド)の無料クーポンを入手できるフィスコの株主優待のご紹介でした。

関連記事:
IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資
当選したIPOを辞退・キャンセルした際のペナルティ有無
IPOで本当にオススメの証券会社
IPO情報サイトの「抽選配分数」予想はハズレが多い
IPOはローリスク・ハイリターン投資

 - IPO投資

スポンサード リンク

  関連ページ

ペナルティ
当選したIPOを辞退・キャンセルした際のペナルティ有無

抽選で当選したIPOを辞退・キャンセルしたらどうなるのかご存じでしょうか? つま …

IPO(新規公開株)投資
NISAなら20万円節約可能だったIPO(ネオジャパン)

「IPOでNISAを活用するのが節税効果抜群」で記載した通り、NISA(少額投資 …

IPO投資で資金が必要なタイミングに注意

IPOでは、証券会社によって実際に資金が必要となるタイミングが異なります。 例え …

IPOはローリスク・ハイリターン投資

近年のIPO(新規公開株)は「ローリスク・ハイリターン」の投資手法です。 それは …

IPO(新規公開株)投資
NISAでIPO(新規公開株)が買えるか要注意

「IPOでNISAを活用するのが節税効果抜群」で、IPOに当選し購入する際はNI …

▲ページトップへ