2017年12月1日の三菱UFJモルガンスタンレー証券の買付余力に注意!

 

三菱UFJモルガンスタンレー証券のIPO資金ルールは特殊です。

詳しくはIPO手帳の「三菱UFJモルガン・スタンレー証券の特徴 – IPO投資ルール」に記載がありますが、
・抽選日の前営業日24:00時点では、申込金額相当額の買付余力が必要
・複数銘柄の抽選日が同日の場合、申込金額相当額の合計金額の買付余力が必要
・抽選日の前営業日24:00時点で買付余力が不足している場合は抽選対象外
という資金ルールです。

三菱UFJモルガンスタンレー証券では、2017年12月4日(月)に抽選(条件決定予定日)となるIPOが4銘柄も並んでいます。

仮にこの4銘柄全てに申し込んでいる場合は、
・4銘柄全ての申込金額相当額の合計額分の買付余力が
・12月4日(月)の前営業日となる12月1日(金)の24:00に
必要となります。

#抽選日が12月4日ではなく12月5日となる場合は12月4日の24:00

▼三菱UFJモルガンスタンレー証券での記載

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPO資金ルール

12月4日が抽選日の4銘柄

具体的には、以下の4銘柄です。

・ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)
・SGホールディングス(9143)
・マツオカコーポレーション(3611)
・カチタス(8919)

三菱UFJモルガンスタンレー証券:2017年12月4日に4銘柄の抽選日が集中

上図の通り、三菱UFJモルガンスタンレー証券では、2017年12月4日(月)に条件決定予定日となるIPOが4銘柄も並んでいます。

#三菱UFJモルガンスタンレー証券では、条件決定予定日=抽選日となる事が多いため、12月4日を抽選日と予想しています

抽選日の前営業日24:00に必要な買付余力は?

4銘柄全てに申し込んでいる場合、申込時点での買付余力はヴィスコ・テクノロジーズ(6698)の仮条件の上限額相当の49.2万円があれば問題ありません。

しかしながら、抽選日の前営業日24:00時点では、4銘柄分合計
49.2万+16.2万+26万+16.4万で
「107.8万円」の買付余力が必要です!

#4銘柄全て仮条件の上限で決定した場合の想定です

この金額に満たない場合「抽選対象外」となってしまいます。

買付余力には注意が必要です。

#抽選日が12月4日ではなく12月5日となる場合は12月4日の24:00となります

 - IPO情報

スポンサード リンク

  関連ページ

アトリエはるか
アトリエはるか(6559)が上場延期 – 抽選結果発表後のタイミング

2017年12月7日に名証セントレックスでIPO予定だったアトリエはるか(655 …

メルカリ(mercari)
メルカリの年内上場は延期?2018年へ?

2017年にIPO予定と予想されていたメルカリ(mercari)ですが、2017 …

ZMP
ZMP(7316)が上場延期

非常に多くの注目を集めて東証マザーズに新規上場予定だったZMP(7316)が需要 …

JR九州
JR九州の公募価格は2,600円で決定(仮条件の上限)

九州旅客鉄道(JR九州、9142)の公開価格が仮条件2,400〜2,600円の上 …

ウォンテッドリー
ウォンテッドリーのIPOは上場ゴールか?!

2017年9月14日にウォンテッドリー(3991)が東証マザーズに新規上場するこ …

▲ページトップへ