JR九州のIPOは買い?過去の民営化IPOの結果振り返り

 

10月25日にIPO予定のJR九州ですが「JR九州のIPOは買いか?」を「過去の民営化IPOの結果」から探ってみました。

JR九州(九州旅客鉄道株式会社)の株主構成は、独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」が100%株主となります。

この独立行政法人は、政府が出資して国土交通省が所管する独立行政法人のため、実質的に政府が保有する企業であり、今回のIPOによってやっと実質的な民営化が実現されます。

そこで、過去の「民営化IPO」の結果を参考に「JR九州のIPOは買いなのか?」という問いへの答えを探ってみます。

スポンサード リンク

過去の民営化IPO

過去に政府が保有株を放出する形となった「民営化IPO」は以下の11社です。

・NTT(1987年上場)
・JR東日本(1993年上場)
・JT(1994年上場)
・JR西日本(1996年上場)
・JR東海(1997年上場)
・NTTドコモ(1998年上場)
・電源開発(J-POWER)(2004年上場)
・国際石油開発(2004年上場)*2006年に上場廃止
・日本郵政(2015年上場)
・ゆうちょ銀行(2015年上場)
・かんぽ生命(2015年上場)

名だたる有名企業ばかりです。

政府保有株を売却するIPOは、その企業の知名度が大きなアドバンテージです。

11銘柄のIPO結果

民営化IPOとなる11銘柄のIPO結果は以下の通りです。

銘柄 上場日 公募価格
(円)
初値
(円)
初値高騰率
NTT(9432) 1987/2/9 1,197,000 1,600,000 33.7%
JR東日本(9020) 1993/10/26 380,000 600,000 57.9%
JT(2914) 1994/10/27 1,438,000 1,190,000 -17.3%
JR西日本(9021) 1996/10/8 357,000 360,000 3.5%
JR東海(9022) 1997/10/8 359,000 383,000 6.7%
NTTドコモ(9437) 1998/10/22 3,900,000 4,600,000 18.0%
J-POWER(9513) 2004/10/6 2,700 2,795 3.5%
国際石油開発(1604)* 2004/11/17 465,000 576,000 23.9%
日本郵政(6178) 2015/11/4 1,400 1,631 16.5%
ゆうちょ銀行(7182) 2015/11/4 1,450 1,680 15.9%
かんぽ生命保険(7181) 2015/11/4 2,200 2,929 33.1%

*国際石油開発は、国際石油開発帝石ホールディングスの完全子会社化のため、2006年3月28日に上場廃止
*初値高騰率 =(初値 – 公募価格)÷ 公募価格 = 損益 ÷ 公募価格

ご覧の通り、JT(日本たばこ産業)以外の10銘柄で初値が公募価格を上回っています。

11銘柄の初値高騰率の単純平均は+17.8%です。

11戦10勝、平均利益率は17.8%と言い換えられます。

この結果を見ると、間違いなく「JR九州のIPO株は買い」ですね。

#なお、JTは上場当初は公募価格を割ってしまいましたが、上場から約20年経過した現在は、公募価格の4倍近くまで株価は上昇しています。

政府保有株式の売却IPOの結果 → JR九州のIPOは買い!

政府保有株式の売却IPO(民営化IPO)の結果を確認する限り、JR九州のIPO株は買いです!

株主優待の設定も決まっており、IPOを成功させるという意気込みが感じられます。

なお、恐らく上場市場は東証1部となることから、上場翌月末の11月30日(水)からTOPIXに組み入れられるため、前日の11月29日(火)の大引けにTOPIX連動の投資信託・ETF等のインデックス買いも見込まれます。
#参考:JR九州がTOPIXに採用されるタイミング(外部リンク)

さらに日銀のETF買い入れが日経平均株価(225)だけでなくTOPIXも含まれることから、日銀ETF買い入れ対象となることも期待されます。

このことから、セカンダリー投資も十分に投資妙味が期待できます。

#セカンダリー投資については「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

 

では、JR九州のIPO株を入手するには、どの証券会社から申し込むのが良いのか?

管理人がアフィリエイト広告等を一切無視して、利害関係なく本当にオススメする証券会社を「JR九州のIPOにオススメの証券会社」にまとめましたので、こちらもご覧ください。

関連記事:
九州旅客鉄道(9142)の初値予想
JR九州のIPOにオススメの証券会社
IPO引受証券会社
IPOで本当にオススメの証券会社
日本郵政(6178)の初値は+16.5%
ゆうちょ銀行(7182)の初値は+15.9%
かんぽ生命保険(7181)の初値は+33.1% – 終値はストップ高

 - IPO情報

スポンサード リンク

  関連ページ

ウォンテッドリー
ウォンテッドリーのIPOは上場ゴールか?!

2017年9月14日にウォンテッドリー(3991)が東証マザーズに新規上場するこ …

JR九州
JR九州の公募価格は2,600円で決定(仮条件の上限)

九州旅客鉄道(JR九州、9142)の公開価格が仮条件2,400〜2,600円の上 …

JR九州
JR九州のIPOにオススメの証券会社

10月25日に新規上場予定のJR九州のIPOが注目を集めています。 そこでJR九 …

メルカリ(mercari)
メルカリが東証へ上場申請!

フリマアプリで有名なベンチャー企業メルカリが、東証に上場申請し年内にIPO予定と …

岡三オンライン証券
岡三オンライン証券でJR九州のIPO抽選に申し込む場合はスケジュールに注意

幹事証券には含まれていませんが、岡三オンライン証券でもJR九州のIPOに申し込む …

▲ページトップへ