ソネット・メディア・ネットワークス(6185)のIPO抽選結果

 

12月22日に東証マザーズで新規上場予定のソネット・メディア・ネットワークス(6185)に申し込んだIPO抽選結果は以下の通りです。

スポンサード リンク

証券会社別のIPO抽選結果

主幹事証券の大和証券に期待していましたが選外(落選)となり、6証券会社全てで当選ならず、です。

証券会社 申込状況 抽選結果
大和証券(主幹事) 100株 選外
SMBC日興証券 100株 補欠
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 100株 次点
SBI証券 1,500株 落選
マネックス証券 100株 落選
みずほ証券 100株 落選
いちよし証券 口座なし
丸三証券 口座なし

 

▼SMBC日興証券で補欠当選した結果

SMBC日興証券:ソネット・メディア・ネットワークスのIPO抽選結果(補欠当選)

SMBC日興証券の補欠は事実上の落選です

▼三菱UFJモルガン・スタンレー証券で次点となった結果

三菱UFJモルガン・スタンレー証券:ソネット・メディア・ネットワークスのIPO抽選結果(次点)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の次点は事実上の落選です

▼SBI証券で落選した結果

SBI証券:ソネット・メディア・ネットワークスのIPO抽選結果(落選)

SBI証券で抽選対象外だとIPOチャレンジポイントを入手不可

セカンダリー投資の方針

アドテク(アドテクノロジー)関連は、フリークアウト(6094)、ユナイテッド(2497)などが類似企業ですが、フリークアウトの株価は散々な状況です。

また、スケールアウトはKDDI系企業へバイアウト、KauliはVOYAGE GROUPへバイアウトされており、アドテク企業のIPOがなかなか進んでいない事が知られています。(ずっと上場が噂されているジーニーのIPOも未だ果たせていません)

人気は集めると思いますが、アドテク(主にRTB)はGoogleとYahoo! Japanの寡占が進んでおり、中長期の投資は考えていません。

資金は集まりそうですので、初値買いは検討するかもしれません。

#セカンダリー投資については「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

関連記事:
IPO初値予想
初値予想の参考サイト一覧
IPO投資で資金が必要なタイミングに注意
IPOで本当にオススメの証券会社
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - IPO抽選結果

スポンサード リンク

  関連ページ

マイネット
マイネット(3928)のIPO抽選結果

12月21日に東証マザーズで新規上場予定のマイネット(3928)に申し込んだIP …

インベスターズクラウド
インベスターズクラウド(1435)のIPO抽選結果

12月3日に新規上場予定のインベスターズクラウド(1435)に申し込んだIPO抽 …

パートナーエージェントのIPO
パートナーエージェント(6181)のIPO抽選結果

10月27日に東証マザーズ上場予定のパートナーエージェント(6181)に申し込ん …

チェンジ(3962)の抽選結果 – IPOチャレンジポイント使用も落選

9月27日に東証マザーズで新規上場予定のチェンジ(3962)の抽選結果が発表され …

オークネット
オークネットが新規上場を延期(2008年のMBOからの再上場)

9月30日にIPO予定だったオークネット(3964)がブックビルディング全営業日 …

▲ページトップへ