信和(3447)に当選(野村證券)

 

信和(3447)の抽選結果が発表されました。

管理人は主幹事の野村證券で「当せん」でした。

野村證券では共和コーポレーションの補欠当選と連続です。
共和コーポレーション(6570)に補欠当選(野村證券)

証券会社別のIPO抽選結果

野村證券で「当せん」しました。

証券会社 申込状況 抽選結果
野村證券(主幹事) 100株 当せん
みずほ証券 見送り
大和証券 見送り
SMBC日興証券 見送り
岡三証券 見送り
東海東京証券 見送り
SBI証券 100株 落選
岩井コスモ証券 見送り
岡三オンライン証券 100株 落選

 

▼野村證券で当選した結果

信和(3447)のIPO抽選結果:野村證券で当選

野村證券への割当数は1,000万株を超えており、恐らく個人投資家向けの抽選配分は80万株〜90万株程度、枚数換算で8,000〜9,000枚の当選と想定されます。(=8,000〜9,000人の当選)

申し込んで当選したものの、購入するかは悩ましいIPOです。

なお、野村證券は当選後に辞退(購入申込みを行わない)してもペナルティはありません。

#SMBC日興証券は、当選後の辞退・キャンセルを行うとペナルティが発生しますのでご注意ください。詳しくは「当選したIPOを辞退・キャンセルした際のペナルティ有無」をご覧ください。

セカンダリー投資の方針

セカンダリーは見送りです。

IPOラッシュの中で東証2部の地味なIPOです。資金が向かってくるか怪しく、下手にセカンダリーで入ってもズルズル下げ続ける展開から気づくと90日のロックアップが解除されて売り圧力がさらに高まる・・・と懸念しています。

ただし、配当利回りは決して悪くない予想のため東証1部への市場替え期待も合わせて、半年〜1年程度のスパンで見ればチャンスはあるかもしれません。

#セカンダリー投資については「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

関連記事:
複数証券会社のIPOスケジュールを一括管理する方法
IPO投資で資金が必要なタイミングに注意
IPOで本当にオススメの証券会社
管理人のIPO投資成績

 - IPO抽選結果

  関連ページ

KHネオケム(4189)の抽選結果 – SBI証券で100株申込でも補欠当選

10月12日に東証1部で上場予定のKHネオケムですが、需用申告は「見送り」するこ …

プロパティエージェント
プロパティエージェント(3464)のIPO抽選結果

12月22日にJASDAQスタンダードで新規上場予定のプロパティエージェント(3 …

マリモ地方創生リート投資法人(3470)
マリモ地方創生リート投資法人(3470)の抽選結果 – SMBC日興証券で当選

7月29日に東証で新規上場予定のマリモ地方創生リート投資法人(3470)の抽選結 …

ソネット・メディア・ネットワークス
ソネット・メディア・ネットワークス(6185)のIPO抽選結果

12月22日に東証マザーズで新規上場予定のソネット・メディア・ネットワークス(6 …

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)
SBI証券でカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)が繰上当選

10月30日に新規上場予定のカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284) …

▲ページトップへ