グリーンズ(6547)の抽選結果 – SBI証券で100株補欠当選

 

3月23日に東証2部・名証2部上場予定のグリーンズ(6547)の抽選結果が発表されました。

管理人はSBI証券で「補欠当選」でした。

少々悩みつつ、購入申し込みを行いました。

公募価格は仮条件の上限1,400円で決定しています。

スポンサード リンク

証券会社別のIPO抽選結果

SBI証券で補欠当選しました。

証券会社 申込状況 抽選結果
野村證券(主幹事)
大和証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・
スタンレー証券
SBI証券 100株 補欠当選

 

▼SBI証券で当選した結果

SBI証券でグリーンズ(6547)に補欠当選した結果

グリーンズのIPOは「パス」と判断し、主幹事の野村證券を始め、SBI証券以外の幹事証券では需要申告を行いませんでした。

SBI証券では「IPOチャレンジポイント」目当てで100株のみ需要申告していたのですが(運悪く?!)補欠当選しました。

SBI証券で補欠当選分に購入申込

SBI証券で補欠当選した場合、IPOチャレンジポイントは付与されません。

補欠当選分の購入申込(補欠当選株購入)を行った結果、落選するとIPOチャレンジポイントが付与されます。

そのため、悩んだものの購入申込に進みました。

▼SBI証券で購入申込へ進む

SBI証券で補欠当選したグリーンズ(6547)の購入申込に進む

▼SBI証券で購入申込をした結果

SBI証券で補欠当選したグリーンズ(6547)を購入申込

なお、SBI証券の補欠当選に関する
・表示方法
・仕組み
については「SBI証券で補欠当選から繰上当選した場合の表示」をご覧ください。

なお、過去にSBI証券ではKHネオケム(4189)に100株申込で補欠当選しました。

セカンダリー投資の方針

PERも特に割高感はなく、ホテル運営企業でもあることから、昨今のインバウンド関連銘柄として注目を集める日が来るかもしれません。

特に米大統領選後の株価上昇で多くの銘柄から割安感が失われている中、グリーンズは面白いかもしれません。

配当や優待も絡めば長期的には株価は十分に上昇余地があると予想します。

ただ、4月以降、3月末決算が発表されると(円安によって決算の上振れが発生し)新たな割安銘柄が誕生することも予想されるため、IPO直後のセカンダリーは見送り予定です。
関連記事:
補欠当選から繰上当選しやすい証券会社はどこ?
SBI証券で補欠当選から繰上当選した場合の表示
SMBC日興証券の「補欠」は事実上の落選
IPO投資で資金が必要なタイミングに注意
IPOで本当にオススメの証券会社
管理人のIPO投資成績
実践者が意外に少ないIPO当選の基本「複数証券会社で申込む」

 - IPO抽選結果

スポンサード リンク

  関連ページ

ランドコンピュータ
ランドコンピュータ(3924)のIPO抽選結果

12月9日に東証2部で新規上場予定のランドコンピュータ(3924)に申し込んだI …

ダブルスタンダード
ダブルスタンダード(3925)のIPO抽選結果

12月15日に東証マザーズで新規上場予定のダブルスタンダード(3925)に申し込 …

ラクス
ラクス(3923)の抽選結果

12月9日に新規上場予定のラクス(3923)に申し込んだIPO抽選結果は以下の通 …

オープンドア
オープンドア(3926)のIPO抽選結果

12月15日に東証マザーズで新規上場予定のオープンドア(3926)に申し込んだI …

アークン(Ahkun)
アークン(3927)のIPO抽選結果

12月18日に東証マザーズで新規上場予定のアークン(3927)に申し込んだIPO …

▲ページトップへ