ダブルスタンダード(3925)のIPO抽選結果

 

12月15日に東証マザーズで新規上場予定のダブルスタンダード(3925)に申し込んだIPO抽選結果は以下の通りです。

関連記事:
ダブルスタンダード(3925)の初値は公募価格の2.3倍
ダブルスタンダード(3925)の初値予想

証券会社別のIPO抽選結果

大和証券からも落選の連絡があり全滅です。

証券会社 申込状況 抽選結果
SBI証券(主幹事) 1,000株 落選
大和証券 100株 選外
SMBC日興証券 100株 補欠当選
エイチ・エス証券 100株 落選
岡三証券 口座なし
東海東京証券 口座なし
藍澤証券 口座なし
エース証券 口座なし
岡三オンライン証券 100株 落選

 

▼主幹事のSBI証券で落選した結果

SBI証券:ダブルスタンダードの抽選結果(落選)

SBI証券で抽選対象外だとIPOチャレンジポイントを入手不可

▼SMBC日興証券で補欠当選(事実上の落選)した結果

SMBC日興証券:ダブルスタンダードのIPO抽選結果(補欠当選)

SMBC日興証券の補欠は事実上の落選です

▼エイチ・エス証券で落選した結果

エイチ・エス証券:ダブルスタンダードのIPO抽選結果(落選)

#岡三オンライン証券の抽選結果は確認方法が「非常に分からずらい」です。「岡三オンライン証券のIPO抽選結果確認方法」で詳細を記載しましたのでご参考に。

セカンダリー投資の方針

セカンダリー投資については「ダブルスタンダード(3925)の初値予想」で記載した通り、取引先たった3社で売上の84.8%を占める状態では今後の業績が不安なため、予定は一切ありません。

また、あんしん保証、インベスターズクラウドとSBI主幹事で上場した銘柄が初値から急降下している事もネガティブ印象です。

#セカンダリー投資については「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」をご覧ください。

関連記事:
ダブルスタンダード(3925)の初値は公募価格の2.3倍
IPO情報サイトの「抽選配分数」予想はハズレが多い
SBI証券のIPOチャレンジポイント
SBI証券で補欠当選から繰上当選した場合の表示
IPO投資で資金が必要なタイミングに注意
IPOで本当にオススメの証券会社
複数証券会社の資産を一括管理する方法

 - IPO抽選結果

スポンサード リンク

  関連ページ

プロパティエージェント
プロパティエージェント(3464)のIPO抽選結果

12月22日にJASDAQスタンダードで新規上場予定のプロパティエージェント(3 …

ツバキ・ナカシマ
ツバキ・ナカシマ(6464)のIPO抽選結果

12月16日に東証1部で新規上場予定のツバキ・ナカシマ(6464)に申し込んだI …

LINEのIPO
LINE(3938)の抽選結果 – 野村・マネックスで当選

7月15日に東証1部で新規上場予定のLINE(3938)の抽選結果が続々と発表さ …

SGホールディングス(佐川急便)
佐川急便(SGホールディングス)の抽選結果 – SMBC日興証券で100株当選、補欠当選2社

12月13日に東証一部上場予定の佐川急便(SGホールディングス)の抽選結果が発表 …

オークネット
オークネットが新規上場を延期(2008年のMBOからの再上場)

9月30日にIPO予定だったオークネット(3964)がブックビルディング全営業日 …

▲ページトップへ